被写界深度が問題である

Imaomu007
風鈴のピントが1個しか合ってないっ!(^^;)

気持ちとしては風鈴のピントをあわせて
背景をぼかせたかったのに
絞り開けすぎた。

その場の瞬時の判断で
思い描くように撮るのは難しい。

自宅に帰ってから
撮影した写真を見ては
悲鳴を上げている。

きゃあああ。

 

(撮影地・伊万里大川内山)

写真の味わい

Imaomu050

伊万里の風鈴はあちこちの店先に並べられて
そのまま販売もされている。

で、面白いのがこの風鈴の短冊。
店ごとに風鈴短冊の文字が違う。

どの店も工夫をしている。

写真も同じ被写体でも
撮る人によって写真の味わいが違う。

自分の味わいっていつ
出せるようになるのかな。

 

(撮影地・伊万里大川内山)

お土産に買いました

Imaomu065

小伊万里の風鈴祭りは
大川内山の町ぐるみで
伊万里焼きの町興しって感じ。


カエル寺の風鈴のガラスは透明だけど、
当然ながら、伊万里焼きは乳白色。

伊万里焼きのひとつひとつ、
音色が違って楽しい。

もちろん絵付けも異なるので
土産に選んだ伊万里焼の風鈴は
涼やかな音色だった。


写真を撮ることはその土地を写すこと。
そんな風に感じる一日。

 

(撮影地・伊万里大川内山)