天草絶景撮影ツアー2018

絶景写真を撮られる別所隆弘さんと行く天草絶景撮影ツアーが2月10・11日に行なわれました。

な、なんとこの別所隆弘さんの撮られる風景写真はネットで多く見られますが、本当にステキな写真を撮られる方でして、ある意味雲の上の方、神でございますっ。

ぶっちゃけ、なんで天草で~?しかも一泊二日のツアー・セミナー付が一万円でぇ~?と思ったけど、ツアー内容を確認したら、どうも天草の観光課が絡んでる様子。お陰で超破格価格で「別所隆弘さんと行く天草絶景撮影ツアー」参加が出来ました。

ありがとうっ!! 天草っ!! ワタシには豪勢なお年玉だったわっ。

とかいいつつ、参加メンバーはなんかもう凄腕の皆様方ばかり。場違いなBBAが一人紛れ込んでおりましてすみません。自分の知識力や道具のなさにもふがいなさを感じるところも多々あったけど、もう本当にすごく為になった濃厚な二日間でした。

ワタシ自身のカメラ歴でいうと2009年(2008年の大晦日に衝動買いをしたNikonのD60)からのスタートですが、うん、カメラにちゃんと向き合って勉強始めたのは2017年の2月にα7IIを購入してから。思えばちゃんとD60の機能を活かしてなかったのではないかしらん。(^_^;)

別所先生のセミナーは本当に意義があったけど、なにより驚かされたのは別所先生の晴れ男ぶり。(実はワタシは雨女…(^_^;)) なぜにあの方がカメラを構えると雨が上がるの? 光芒が出るのっ? 神~っっ。

いやいや、まじめに捉えますと以下のことに感動。

・どの風景を見てもその風景のよいところを見つける。⇒別所さんには別所さんフィルターがあるようで、必ずその風景のいいところを見つけ出すんですね。セミナー時も受講生の写真を否定はしない、よいところを見つけて、こうすればもっとよくなると指導してくださったのもお人柄もあるんでしょうねえ。
・撮影そのものを楽しむ。⇒しかめっ面で撮影なんてしません。にこにこしながら「いいですね~、いいですね~」で撮影。参加者の皆様和気あいあい。
・天草にお住まいのお人が優しかった。⇒夜明け前の早朝撮影にストーブを炊いてくれたり、栄養ドリンクをいただりたり。本当に感謝しかない。
・撮影された写真にはたくさんの光の情報が含まれているので、レタッチでそれを引き出していく。⇒レタッチのセミナーはもっと受けたかったくらいに濃密。部分部分であんなに細やかなレタッチをされていることを知りえて、本当によかった。
・天草は絶景だらけ。⇒今回地元熊本からの参加といいつつも、阿蘇が実家になるワタシ的には天草ってひたすら遠い。福岡のほうが距離的にも時間的にも近い。でもこの絶景、本当に熊本の宝ですね。これからもまた天草には足を運ぼうと思いました。あ、でも阿蘇も絶景が多いから、熊本は絶景だらけということかな。

2018/02/10・11撮影

写真1枚目は富岡稲荷神社。Google Mapにも記載されていない小さな稲荷神社ですが、並ぶ鳥居が雰囲気を醸しだしてます。ここをお勧めしてくれたのは「別所隆弘さんと行く天草絶景撮影ツアー」企画立案者の天草職員さん。実はこの方もツアーに参加する予定だったのですが、前日にインフルエンザになってしまったという悲しい出来事が…。お労しや。

2枚目、3枚目は牛深ハイヤ大橋。白龍みたいな橋だなあ…という感想の元、写真をチョイス。イタリアの建築家さんのデザインの橋なのだけど、天草に行ったらこの夜景を見ることを是非ともおすすめしたい。

4枚目・5枚目は﨑津集落の夜明け前の写真。5枚のレタッチは微妙な出来…orz もっとRAW現像を勉強いたします。(^_^;)
6枚目は天草の展望所にて撮影。天草松島展望所から撮った写真をパノラマにしてみました。

とにかく写真好きが集まった撮影会は楽しかった~。いつも一人で動き回っているから余計かも知れないけど、夜遅くや早朝の撮影会があるならまた参加したいなあ。
そしてまた天草に行きたいなあ。