思いつきのランタンフェスタ

長崎ランタンフェスタです。最終日に車を飛ばして行って来た。
しかも当日朝に行っちゃえってノリだよ。

ってまあこういう行き当たりばったりの撮影会ってどうなんでしょ。ちゃんと計画立てて長崎に行ったほうがいいとは思いつつも、当日朝に思いつくままに動いてしまったので、長崎滞在時間も短い。
そういう行動力は嫌いじゃないけど、財布にやさしくない撮影会ではありますな。(^_^;)

ワタクシめは前もって予定を組むと雨率が高いので(人はそれを雨女と呼ぶ)、天気重視で(雨ならまず撮影には行かないので⇒人はそれを根性無しと呼ぶ)直前のスケジュールを決めてしまうことが多い。

日曜日だねえ、晴れているねえ、ランタンフェスタ最終日だよねえ、車空いてるねえ…。
「そうだ、ランタンフェスタに行こう」

マジックアワーでの撮影を狙っていたのにアレ? ランタンフェスタ会場って夕日が見えないよ。(^_^;)
うーん、こういうのも下調べしていないのってダメですね。(^_^;) 駐車場については下調べしてたけど、撮影ポイントはちゃんと下調べしましょ。

自分の行動力に段々と自信が無くなっていくのが、年をとるということなんだろうかしらん。片道3時間強の運転に自信がなくて息子を運転手として雇った。まあ、息子はランタンフェスタに行ったことがなかったので、ついぞ誘っちまったけど、運転手代のバイト代払ったわ(苦笑)
なんとなく、ランタンフェスタはこれが最後って感じがするけど、機会があったらまた行きたいな。

2017年通った写真教室の先生が写真撮影の極意として「その場所、その時間に行くか行かないか」と言ってたのがよくわかる。
祭りやイベントなどはもちろん朝日や夕日、干潮など、撮影ポイントの時間ってある。
本当に写真にこだわるなら、時間にこだわるべきナンだろうけど、まず無理って思ってしまうのが難点。(^_^;) 行動力は無くしたくないけど、自由気ままに外出できるわけでもない。

使える時間で最大限のシャッターチャンスを捉えられるよう努力しなきゃな。