ハウステンボス撮影会

お友達と一泊でハウステンボスにお泊り~。
産交バスツーリストのツアーで激安バーゲンを見計らっての予約だったので、ハウステンボス内のアムステルダムにお泊りです。いやあ、もうなんつーか、撮影会としてのお泊りハウステンボスだったので、テンション上がりまくり。

チューリップとか夕日とか夜景とか。いやもう楽しかったわ。
グループで行きつつも、撮影は皆好き勝手(笑) そういう縛りのない気軽さも楽しさのひとつ。
バスツアーも思ったり快適で、こういうお泊り撮影をまたやりたいな。

しかし、ナンでしょう、ワタシゃ旅カメラが撮れない。

いわゆる旅行記録としての撮影が、ワタシには撮れない。ご飯食べるときにも写真撮影を忘れて先に頬張ってしまう。一緒にいった友人らとの写真も一枚も撮ってない。(自分が被写体になるのも嫌だし)
そもそも記録として人に伝えようとする意識がない。(^_^;)

写真は「人に感動を伝える」ものというけど、ワタシは「自分の萌えを記録するもの」の意識なんだよねえ。
自分がワクワクするものをそのまま閉じ込めたい。

写真を趣味とするには間違ってますか?