INDUSTAR50-2が仲間入り

ヤフオクにてオールドンズをゲット。
4月24日の記事にも少し記載してるけど、ちゃんと紹介しよう。INDUSTAR50-2をほぼ送料負担のみでゲットした。
ヤフオクはTポイントが使えるのでかなりお得感がある。

で、このINDUSTAR50-2はかのテッサーのコピーレンズでロシアンレンズだよ~。で、helios44のヴィクトルレンズに対して、こちらはギオルギー・ポポヴィッチの名台詞「私は悪い魔女」からヘックスレンズと命名。(「ユーリ!!!on ICE」を知らないとわからない内容なんでスルーしてくださいな(^_^;))

パンケーキレンズに興味津々で、物色していたんだけど、INDUSTERというとフツーは星型の61が有名なんだけど、価格的にはもうINDUSTAR50-2がめちゃ安い。

もともとはトイレンズで、フジフィルムの写るンですのレンズを使ったGIZMON Utulensってものを購入しようかと思ったら、こちらが意外とお高い。つまりはGIZMON Utulensの購入価格でINDUSTAR50-2を買ってお釣りがでるよといった価格だったわけ。

試し撮りをしたところ、フレアがスゴイってことよりも色がオールドレンズじゃなくて思った以上にカリカリに撮れることにビックリ。
ユーザーさんのブログとかもみるとモノクロ撮影も相性がいいっていうので、近くの運動公園に行ってモノクロ撮影を敢行してきた。

2018/04/30撮影

実は一番最後の写真だけカラーだけど、気づいたかな?
こういう撮り方も楽しいな。

α7IIにINDUSTAR50-2をくっつけるとホントバカっぽい感じになると言われているけど、そこがたまらなく愛おしい。だいたいアダプタマウントのほうがでかいってのが笑える。

50mmレンズが58mmのheilos44を含めると3本になったけど、軽い撮影にはこのINDUSTAR50-2を1本持っていくのものいいかも。結構粋だと思うけど、いかがかな。