ねこしま湯島

友人らとねこしま湯島に渡りました。なんとクルーザーチャーターですよ。(ツジカナちゃんその節はお世話になりました、ありがとーっっっ。)

生憎の雨予報だったけど、クルーザーで湯島に渡ったときのみ雨が途切れて奇跡の青空。
毎度の雨女σ(^_^;)で申し訳なく思っていたけど、同乗の友人らの力できっと晴れ間が見えたのでしょう。

で初めて訪れるねこしまこと湯島ですが、びっくりしたのはねこが人を怖がらないこと。生まれたての仔猫たちは紐がつながれていましたが、これは海に落ちないように配慮しているので、基本皆放し飼い。

島民の方々がねこたちの面倒を見ているせいか、近寄っても逃げることもなく素の表情を見せてくれましたが、滞在2時間程度だったので、ちょっと撮影に欲求不満。また行きたい。

 

2018/05/13撮影

人は怖がらないけど、やはり生き物なので、なかなか思うように撮影できず。
熊日新聞社から「猫島ありのまま」という写真集が販売されたけど、本当に猫の表情が素晴らしい。うーん、こういう写真ってほんとみててほっこりする。

我が家も初めて猫を飼い始めたけど、なかなか被写体としてはねこは難しい。(^_^;)

ドヤ顔のビオ、生後5ヶ月。(2018/08月撮影)