桜咲き始め~熊本鐙台公園の桜~

今の一戸建てに引越ししてから18年、また今の勤務先でバス通勤を利用するようになって11年に入ります。
熊本地震にて、我が家はなんとか家がもってくれたので、幸い車中泊は一泊のみで、あとは自宅で過ごすことが出来ました。

自宅は2階のサッシ窓は歪み窓が閉まりませんし、逆に1階のサッシ窓ははめ殺しの窓となりました。家中の壁紙は破れまくってます。あと食器棚と食器、テレビ2台がやられました。
それでも自宅で過ごせることはとても有難いことです。介護食しか食べられない母がいることを思うと避難所ではとても生活できませんから、自宅不幸中の幸いであったように思います。

勤務先も12日間の休業を強いられました。今仕事に復帰はしていますが、益城の営業所となる熊本・木山線のバスの復旧はまだ見込みがありません。出社時のバスはかろうじて路線限定で復活していますが、いかんせん帰りのバスがない…。GW明けには学校も授業再開となりますから、通学バスとしても路線バスの早い復旧を祈りたいと思います。

そんな通勤バスの車窓から覗く桜の風景をいつも気にしながらも、この11年ずっと訪れることはありませんでした。
デジイチで写真撮影をするようになり、また桜を撮り始めてからは、やたらと桜の様子が気になるようになり、バスから見えるあの風景の場所に行ってみようと、今年の3月29日に撮影に訪れました。

正式名称は託麻南中央公園というのらしいのですが、地元の方は鐙台(あぶみだい)公園と呼ぶそうです。
訪れた日は曇り空で桜も5分先といったところでしたが、それでも咲き始めた桜に心が躍りました。

 

2016/03/29撮影

買ったばかりの望遠ズームとやたら枝ぶりを意識して写真撮影いたしました。
桜もここ数年撮っていますが、今年ほど「桜撮影」を意識した年はないかも。曇天での桜撮影にも苦戦したので、予めそうなった場合の対策とか脱・マンネリをうなってレンズを購入したりして。
今のところあまりRAWデータを弄ることはしなかったけど、こと桜に関してはRAWの扱いも勉強しないとな~。(^_^;)