またまたダンボー写真

気が付けばいつの間にかダンボーがニャンボーを含めて、4体となってしまいました。

最初の完全変形ダンボーは商品券で、リボルテックダンボーとニャンボーはTポイント、そしてゆうパックダンボーは息子の冬コミの土産でした。郵便局の出展でゆうパックダンボーが置いてあったそうで。

まだまだダンボーファミリーを生かしての撮影が出来ていませんが、チャンスがあればまたおにぎりとお茶持参で早朝撮影に挑みたいと思います。

で、ダンボー撮影会を3回ほどやったうえでの個人的撮影メモ。

ダンボー撮影はまずシチュエーションが大事。ストーリィ性ですね。漠然と撮るのでなく、なにかしらの思惑下があったほうがいい。
そんなもんわからないというときには、シャボン玉のような小道具とか、撮影場所にドラマ性をもたせるといい感じになるみたい。

ポージングも大事。ちょっとした角度でダンボーの表情が変わる。
このポージングにはもっと時間を割くべきという反省ですな。漠然としたポージングではやはりダメってことですな。

あとダンボーにとって足場が悪いところもあるので、扱いは丁寧に。(^_^;)
ぶっちゃけ撮影時に何度ダンボーを落っことしてバラバラにしたことか。
再生できたからいいようなものの、もっと愛情をもって丁寧に扱わなくては。

個人的にシャボン玉撮影は楽しかったな~。
ねこはちさんが持ってきてくれていましたが、意外にシャボン玉を思ったように飛ばせなくて、シャッターを切るのが難しかった。
これはリベンジしたい課題です。

当面はダンボーつれて、単焦点レンズでの撮影会が続きそうですわ。