小道具

Sioya164

風鈴の前ボケ、気に入ってますが
実はこちらは同行者さんの汀さんが
百均にて購入してきた風鈴です。

ラムネは現地調達。

こういう細かい手わざも好き。

 

(撮影地・小川町塩屋&モデル軽太さん)

好みのテイスト

Sioya059

今回はRAW現像勉強のためいろいろなテイスト、
色目を変えて写真をアップしてます。

で、この現像処理はカメラマンさんの好みで変わるけど、
コスプレ撮影の場合
被写体であるモデルさん好みもありますよね。

つい先日某ツイッターで
カメラマンさんの好みの現像処理と
モデルさんの好みの処理が
大きく違ってまして
カメラマンさんへの非難が書かれていました。

でも待って。
そのカメラマンさんのほかの写真を見ると
かなりビビットに濃淡色濃く出す写真を
撮られているですよね。
当然ながら、カメラマンさん好みですと
コスプレ撮影であっても
「ビビットに濃淡色濃く」であれば
当然モデルさんの思う色合いとギャップがあるわけで…。

写真って何が正しいとか正しくないとか
決まっているわけではないので
一言でいうと「好み」に尽きるわけですよね。

モデルさんと意思疎通ができて
共有の色が確認できていればいいのですが
このあたりはかなり難しい内容で。

難しい話です。

 

 

(撮影地・小川町塩屋&モデル 軽太さん)

好みのテイスト

Sioya059

今回はRAW現像勉強のためいろいろなテイスト、
色目を変えて写真をアップしてます。

で、この現像処理はカメラマンさんの好みで変わるけど、
コスプレ撮影の場合
被写体であるモデルさん好みもありますよね。

つい先日某ツイッターで
カメラマンさんの好みの現像処理と
モデルさんの好みの処理が
大きく違ってまして
カメラマンさんへの非難が書かれていました。

でも待って。
そのカメラマンさんのほかの写真を見ると
かなりビビットに濃淡色濃く出す写真を
撮られているですよね。
当然ながら、カメラマンさん好みですと
コスプレ撮影であっても
「ビビットに濃淡色濃く」であれば
当然モデルさんの思う色合いとギャップがあるわけで…。

写真って何が正しいとか正しくないとか
決まっているわけではないので
一言でいうと「好み」に尽きるわけですよね。

モデルさんと意思疎通ができて
共有の色が確認できていればいいのですが
このあたりはかなり難しい内容で。

難しい話です。

 

 

(撮影地・小川町塩屋&モデル 軽太さん)